芝はしっかり整えよう

手入れ

ガーデニングが大変人気となっています。様々な商品がある中でも、芝はとても人気のあるガーデニンググッズです。芝のお手入れは定期的に芝刈りを行う事がベストです。芝刈りの方法は自分でも出来ますし、業者さんに依頼する事も可能です。

» 詳しく読む

花を育てる

花の種と種まき

花

花の種とは、植物にとって長期にわたって休眠もできる、素晴らしい繁殖方法です。1年だけでなく数年、いえ、もっと昔の種が発芽してニュースになることさえあります。その花の種が、休眠から目ざめる発芽の条件も、種類によってさまざまです。水につけておく物や直接土にまく物。気温が高くなれば発芽する物や、逆に高いと発芽しない物。パクチーのように種を傷をつけた方が発芽しやすくなる物まで、本当に個性的です。市販の場合は、パッケージに種まきの時期や注意事項が記載されているので、守るようにしましょう。また、種の購入場所も重要です。種や苗の専門店から、ホームセンターやスーパー、最近では100円ショップでも販売されています。悪い状態の種だと、せっかく種まきしても、発芽率が低くなりますので、良く考慮して選ぶようにしましょう。最近では通販でも花の種を購入することができるようになっていて、品質に関しても新鮮と高い評価を得ているため信頼性があります。

種の収穫と保管の方法

きれいな花を楽しんだ後は、自分で種を収穫したい人もいるでしょう。花の種の良好な保管は、清潔に乾燥された状態であること。まず、花が終わってサヤが茶色くなってきたら、種またはサヤごと収穫します。種が飛び散る種類の場合は、この時にネットや透明な袋をかぶせ、そのまま収穫して種を出すと良いでしょう。種は果肉やゴミなどを丁寧に取り除き、直射日光のあたらない風通しの良い場所で、1週間から2週間ほど充分乾燥させます。種が乾燥できたら、紙の封筒に入れ、乾燥剤とともにビニール袋に入れて、冷蔵庫で保管します。その際、何の花の種なのか花の名前と、収穫した年月を記載しておくと、わかりやすくなります。市販の花の種は、殺菌処理され乾燥されています。自分で収穫された種も、きちんと乾燥した状態で保管できれば、菌の繁殖をおさえ、次期もきれいな花を楽しむことができるでしょう。

まずは土づくりから

ひまわり

草むしりはガーデニングや家庭菜園をする前の土壌づくりにおいて重要な役割を持っています。またいまは通販で草むしりアイテムが多数販売されているので、それらを購入して効率よく草むしりを行っていきましょう。

» 詳しく読む

手作業で行う方法

白い花

草取りの方法はいろいろあります。手作業で行う場合は根こそぎとってしまうのが効果的な方法です。除草剤で枯らしてしまう方法もあります。どちらにしても草の種が落ちてしまう前に、作業を行うことが効果的な方法です。

» 詳しく読む